身体が疲れていると勃起力の低下など様々な影響が出ますが、手軽に解決するには精力剤を利用することです。精力剤にも種類があり、自分の身体に合ったものを探す事が大切です。また、勃起不全などのピンポイントに効果を得たい場合はED治療薬を使いましょう。男性の繊細な悩みを解消する手段を紹介します。

心配している男性

精力剤とは肉体的な疲れや精神的な疲れを軽減してくれるものを精力剤といいます。
主に更年期以降における男性を対象とした性機能増強するために使われています。
精力というのは加齢とともに落ちてきます。
精力剤は男性が使うというイメージありますが女性用の精力剤も存在していて昔の時代に比べても男女共に広く人気がでてきています。
そんな精力剤の種類や精力減退が発する理由、精力剤は医薬品に含まれるのかなどの説明をしていきます。

精力剤の種類について

精力剤の種類としては、精力サプリ、強壮剤、強精剤があります。
精力サプリは、最も一般的に精力剤として認められていて栄養を補給するということで精力アップに貢献します。
強精剤は、勃起力や性欲の向上など性的な面に直接的に働きかけるものになります。
強壮剤は、滋養強壮剤という言葉が広く使われている通りに疲労回復をすることができます。

精力サプリの中に含まれている成分は、亜鉛、マカ、クラチャイダムが含まれています。
亜鉛は、男性ホルモンの分泌量を増加しいます。
マカは勃起力、精子の生産、運動率の向上、豊富なアミノ酸20種類による体力の向上が期待できます。
クラチャダムは、勃起力強化、亜鉛、アミノ酸、ポリフェノールによる老化防止といった原料を多く含むようになっていて体の中に効率よく栄養が補給をできるようになっています。

強壮剤は、まむし、すっぽん、にんにく、といった成分が含まれていています。
まむしは、豊富なアミノ酸が疲労回復に効果的で体力をつけることができ、すっぽんは豊富なアミノ酸からコラーゲンも豊富にあって肌の状態や、新陳代謝を活性化してくれる役割があります。
にんにくは、アミノ酸があってポリフェノールも豊富で抗酸化作用が高くなっています。

滋養強壮剤は、疲労回復に効果的な栄養素を含んだ動物、植物を原材料にしたサプリとして作られています。
強精剤の成分は男性ホルモンを直接摂取するメチルテストステロンというものになります。
この成分は医薬品だけに配合することが許可されている成分になっています。
さらに強精剤でも種類があって飲む強精剤、塗る強精剤、注射をする強精剤があります。

1番効果が早く身体にでるのが注射する強精剤です。
気分が前向きになったり、筋肉が太くなったりするなど体がとても元気になることができます。
しかしこれは、ホルモン療法になりますので誰でも気軽に注射を打つことはできないです。
日本ではまだホルモン療法があまり進んでないため注射を打ちたいと自分は思っていたとしても、医師の許可がないとできないという決まりがあります。
注射をするホルモン療法よりも塗る強精剤や、飲む強精剤の方が安全性は高いです。
しかしいくら安全性が高いからといって飲んだり、塗ったりする用量を間違えると意味がないので、正しく使用することが大切です。

精力減退が発生する理由

なんとなく身体がだるい、やる気がでない、性欲が衰えていったという症状を精力減退といいます。
精力減退する原因は、加齢、不規則な生活、ストレス、運動不足、睡眠不足などが精力減退を発生してしまう原因などが考えられます。
加齢によって身体は老化していくのですが、精巣が萎縮すると精巣からでるテストステロンという男性ホルモンの分泌量も低下してしまいます。
テストステロンは、男性ホルモンの中でも最も強力であり外見的にも機能的にも男性らしさを決定するホルモンで、このホルモンが低下していくからになります。
不規則な生活は、毎日食べる食事できちんと栄養が摂取できていなかったり、偏った食事をしていると体の脂肪量を増加させるとともに、筋肉量を減らします。
筋肉量が減少するとテストステロンの量も低下していくので、精力もなくなってきます。

ストレスは、大人だけではなく女性でも誰でもストレスは抱えています。
学校や会社、人間関係などによる過度なストレスから自律神経のバランスを崩してしまいます。
テストステロンの分泌を司る副交換神経の働きを鈍らせてストレスは精力の減退のリスクを高めていきます。
人間が健康的に暮らしていくには運動をすることが大事になりますが、男性は特に性機能を健全に維持するためにも運動はしないといけません。
今の時代は昔に比べてパソコンや携帯電話などのインターネットなども普及して盛んになっていますので、運動不足になっている可能性があります。
運動不足になってしまうと、肥満を招いて血行障害になったりもしてしまいます。

男性の筋肉の70%は下半身にあるため歩く運動が少ないと下半身の筋力が一気に衰えていきます。
運動不足により下半身の筋力が劣っているとポンプ機能の働きが悪くなり下半身を中心に血行が悪くなり、
陰茎部への血流の流れが悪くなってしまいます。
そうなると勃起力の低下へと繋がってしまいます。

睡眠中には心身のメンテナンスが行われます。
お昼のうちにたまった疲れやストレスの排除や、細胞の収縮、各種ホルモンの分泌が行われて、疲労を回復する働きがあります。
また、睡眠によって脳の疲れが改善するためストレスなども減らすことができます。
そのため、睡眠不足が続いていくと身体に疲れがたまった状態になり、さらには男性ホルモンの分泌が減少するということも分かっているために、精力減退の発生する原因になります。

精力剤は医薬品に含まれる?

最近では様々な種類の精力剤が販売されています。
精力剤にはサプリメントとして販売されている物と、医薬品と非医薬品とで分かれています。
メチルテストステロンは医薬品としてのみ使用できる成分で、サプリメントなどの健康食品には配合はできません。
テストステロン値が低下している男性更年期障害症状の改善効果が、第1医薬品で認められています。

ドラッグストアや市販や通販で売っている医薬品でない精力剤は、あまり即効性がありません。
服用をした時の体調や気分によっても効果の感じ方は変わったりもします。
だいたい1ヶ月から3ヶ月は勃起力の有効な栄養を取り入れるために継続して飲む必要があります。

医薬品の精力剤は非医薬品とは違って、薬を服用をすると即効性が高い有効成分が入っているため、その分副作用などのリスクも高くなる傾向にあります。
勃起に対して最も大事なのは血流なので勃起力や勃起の意地を考えるのであったら、血流に対しての有効な原料や成分を補給しないといけません。
強壮剤と精力サプリは医薬品には含まれていませんが、精強剤は医薬品となっているので、病院に行き、医師からの処方箋がないと貰えない薬になります。

精力剤の原材料や成分は医薬品でないものを使っている場合が多いです。
中には完全に医薬品の原材料や成分を使って医薬品の通販や市販で売っている精力剤もあるのですが、そういう精力剤は購入することが普通はできません。
普通にドラッグストアーなどで売っている精力剤というのは基本的に医薬品とならないように原材料や成分に医薬品でないものを使っています。
通販や市販で精力剤を購入するメリットは成分量の多い精力剤であることと、複数の精力剤の併用はおすすめができないのと、購入方法がとても簡単というメリットがあります。
精力剤は誰でも飲めることが前提とされていて精力剤に含まれている成分も豊富だからです。

逆に精力剤を病院で処方してもらうメリットとしては、市販や通販で購入する精力剤は医薬品ではないので効果が弱いです。
そのため自分の身体には合わないと思う方は病院に行った方が症状に合わせて薬を医師から処方してもらうことができるのがメリットになります。
このように精力剤は医薬品と非医薬品があります。
どちらの精力剤もきちんと使用量をきちんと守って摂取するようにしないといけません。

記事一覧

パソコン

レビトラの通販に注意!安全な通販サイト選びとは?

レビトラは通販を利用すれば安く購入できますが、通常の通販サイトでは販売していません。個人輸入代行サイ ...

男は悲しい

シアリスの服用タイミングはいつ?

シアリスの服用タイミングは食前と食後のどちらでもOKです。食後に服用した場合と食前と服用した場合、そ ...

悩んでいる男性

ED(勃起不全)の治療薬といえばバイアグラ!

初のED治療薬として知られるバイアグラは、強力な勃起力を復活させてくれます。医療機関で処方するED治 ...

元気出す男性

精力剤はペニス増大に使える?

精力剤は勃起力を高めてくれるので、ペニス増大にも役立ちます。勃起力とペニスサイズは比例し、硬くなるほ ...